2018年7月21日 (土)

HONDA ZOOK

                                     

                                                              HONDA   ZOOK ズーク  ご紹介

                               1990年に発売されたホンダ車 スクート
              外観は、スケートボードをイメージさせるフロントカバーのないフロア・ステップボード・タイプで、
              シンプルに2本の柱状で構成されたハンドルとシートは高めに設定し、
              斬新で個性的なスタイルを主張。
              ゆったりとしたライディング・ポジションを実現している。シートは、
              2段階のアジャスト機構(シート高・800mm/770mm)を採用
              降車時にはヘルメットを載せ、ヘルメットホルダーとしても使用できる形状としている。
              又、フロアステップ中央にキー付の小物入れを採用するなど使い勝手にも配慮している。   

Nobulog_zook0001Nobulog_zook0002Nobulog_zook0003Nobulog_zook0004Nobulog_zook0005Nobulog_zook0006Nobulog_zook0007              エンジンは、軽量・コンパクトな空冷・2サイクル・単気筒・
              49cm3(最高出力3.3PS/6,000rpm)を搭載。
              低速から常用回転域まで滑らかでキビキビした走りを実現!
              
              Ape Zoomer に続き発売されたBiteより10年も前の商品ですね、 
                               猛暑の中、久しぶりに蔵出し掃除です。

                                   nobulog




















         

2018年6月11日 (月)

SUZUKI Swish (スウィッシュ)

                                SUZUKI    Swish (スウィッシュ) 125cc
                                発表発売   先行予約受付しています!
                               

Suzuki_swish125_blu2018pc001                              
              メーカー希望小売価格 ¥318,600-(税込)  製造国:台湾
              ボディー色:青、赤、白、黒
              総排気量:124 cm3
                 全長 / 全幅 / 全高 :1,830 mm / 690 mm / 1,095 mm
                 最高出力:6.9 kW 〈9.4 PS〉 / 7,000 rpm
                 最大トルク :10 N・m 〈1.0 kgf・m〉 / 6,000 rpm
                 燃料消費率(国土交通省届出値:定地燃費値):51.0 km/L (60km/h) 2名乗車時


              力強い加速と優れた燃費性能を両立したエンジン
              スズキ独自の先進技術を集結したSEP(SUZUKI Eco Performance)エンジンを搭載。
                 限られた空間の中で最大のエンジン性能を発揮するために、エンジンレイアウトの検討を重ね、
                 軽量、コンパクトに造ることができ、部品点数も減らすことができる空冷エンジンを採用

              http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/ug125sebl9/top

2018年2月16日 (金)

ドリーム CB350セニア

              HONDA   CB250/CB350 セニア

              祖母が所有していた70'SのホンダCB350セニア完全オリジナルです。
              レバーに出荷時ガードカバーが残ります。
              祖母が仕事と遊び数年乗ってのまま、、、裕福ではなかった状況で
              当時は分割売掛帳で信用払いで購入したそうです。
              思い出の品は手放せなかった相で、千恵子
              私の手元に来たのも15年前でそれでも当時のまま、手つかず
              半世紀 かわいそうで心配で、なので、明るい所に出してみました 千恵子
              祖母の名は千恵子、なのでこのCBの名は、ちーちゃん
              

Nobulog_honda_cb350_001Nobulog_honda_cb350_002Nobulog_honda_cb350_003Nobulog_honda_cb350_004
              HPでも 詳細、諸元紹介していきましょう nobulog

                               ホンダ車輛販売の歴史は製品アーカイブで閲覧できますね!
              http://www.honda.co.jp/pressroom/products/motor/

                            









2018年2月13日 (火)

プジョーのモト P107

                               PEUGEOT  コーヒーミル、歯車を作るところから生まれたメーカーは、
              モぺット、スクートだけでなく
                               プジョー社の二輪にもこんなのありましたね。
              P107 1936年位の生産車両です。
              博物館入的相当の車両です。

              エンジン形式 : 空冷4サイクルエンジン
              ボア : 72mm /  ストローク : 85mm /  排気量 : 346.1㎠
              キャブレター  : Z'enith/Gurtner/Amac
              車両重量 : 127kg
                               最高速度 : 90km/h
                               タイアサイズ : 3.50ou4.00x19

              戦中はミリタリーでも活用活躍した車輛

Nobulog_peugeot_p107_001Nobulog_peugeot_p107_002Nobulog_peugeot_p107_003Nobulog_peugeot_p107_004Nobulog_peugeot_p107_005Nobulog_peugeot_p107_006Nobulog_peugeot_p107_007Nobulog_peugeot_p107_008
               hpでも又、珍車、旧車、絶版車を紹介していきます。

                                nobulog
















2018年2月10日 (土)

社用事に使用していますKM90

                               日々仕事に使用していますKAWASAKI KM90

                               父のワンオーナー車、最近ちょこちょこ動かしています。
              外装は、大分疲れていますが、一部保安部品等以外オリジナル
              エンジンは元気ですね、クランクケースカバーとキャブに手を加え
                              100km/毎時越のスペック外のパホーマンス、リアファイナルスプロケットも変更されていました。
              又、外まわりの仕事、お天気の好い日に乗りましょう KM90
                                                    F.NO  頭は、MC-~
                              Nobublog_kawasaki_km90_0001Nobublog_kawasaki_km90_0002Nobublog_kawasaki_km90_0003Nobublog_kawasaki_km90_0004Nobublog_kawasaki_km90_0006
                               ダイアリー、名車、珍車、実車紹介色々、HPでも紹介していきましょう
              nobulog
                         












              

2017年11月 7日 (火)

C102 #07

                       HONDA  C102
                               お天気の好い日曜日にオーナー様へお渡ししました。
              遠回りしてご自宅へお帰りになられました。
              

Nobulog_honda_2017oh_c102_red017Nobulog_honda_2017oh_c102_red018Nobulog_honda_2017oh_c102_red019Nobulog_honda_2017oh_c102_red020Nobulog_honda_2017oh_c102_red021Nobulog_honda_2017oh_c102_red022

               次回 点検のご来店をお待ちします。
               他に モンキー、Cub、を所有のホンダGoodユーザー様でした

                                          nobulog
               














2017年10月26日 (木)

C102 #06

                               HONDA  C102
                               ドライブシートを設置しました。
              オリジナルシートを張り替え再現
              アンコ厚のみ極力薄くしての仕上がり 
              車体、原動機、各部の極細かな調整は、後の作業とし
              本日は、試運転してみましょう、、、、何か問題がでるでしょうか、
              
              
              Nobulog_honda_2017oh_c102_red0015Nobulog_honda_2017oh_c102_red0016

              レッグシールド、トンネルキャリアは、最終仕上げ時に取付しましょ
              オーナー希望のバッグを装着しなければなりません

              Nobulog

2017年9月23日 (土)

C102 #05

                                HONDA  C102
                                このウインカー形状 OEM探っても6V3W等のマクラ球と思いいきゃ
               口金球じゃん

               リレーに6V8W×2使用の為、前後左右8W球に入れ替えするには、
               フロントウインカーレンズ閉まらず、、、、
               リレー製作か、
               いゃ 今回は、リアに8W球が納まりますので
               フロンは3W球のまま配線ハーネスのフロントウインカー左右線に
               抵抗を割り込みさせ終了とし
               前後左右とも、ほど良い点滅間隔で動作しています。
Nobulog_honda_2017oh_c102_red0010Nobulog_honda_2017oh_c102_red0011Nobulog_honda_2017oh_c102_red0012
               ウインカースイッチも右側へ上手く設置できましたね。
               Nobulog_honda_2017oh_c102_red0013Nobulog_honda_2017oh_c102_red0014
              とにかくオリジナルに近い状態でカッコ良く仕上げましょ
              進行状況、試乗までは、少しでも進行したらnobulogしましょう



FXR Wheel Axle Shaft

                                GILERA   FXR DD
                                リア ホイールアクスルシャフトの入手が困難になり
               同種 Drumのシャフトを削り出し成型し 同寸に再生
               ファイナルギアも180用も圧入
               ストック有りで一安心、これもファイナル ワイルドだろぉ~
   

Nobulog_gilera_fxr_axle001Nobulog_gilera_fxr_axle002Nobulog_gilera_fxr_axle003
               圧入位置軸面3mm止めにしたい為、ジャーナル部分の削りを
               浅くしピッタリ止まる様にして出来上がってるゼェ~
               これがストック有りで一安心、と思い間もなく
               これもファイナルギアのファイナル 
               壊れたら直せねゼェ~ 
               まぁ 又その時考えましょ
               ワイルドだろぉ~




2017年9月 5日 (火)

C102 #04

                                 HONDA  C102  あえての6V仕様で不足配線ハーネスを設置し 
               付属待ちの間に 前後タイアをホワイトウォールに変更装着

Dsc00600Dsc00601Dsc00602                  
                  寄り道多くて進行しませんね
                  ちなみに最近SUG2号と名付けました。
                  

«C102 #03